語る詞す
かたるしす、って読んでください・・・。

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
2008年度課題曲を聴いた。                 
JUGEMテーマ:日記・一般


今年度の課題曲は、Fg的に見せ場無しと思われる。
それとも目立たなかっただけか?

『ブライアンの休日』
激しい。そして元気いっぱい。
なので、あまり休日的ではないな。
『〜の休日』って、絶対に休ませる気の無い曲だよね。
『トランペット吹きの休日』なんか特に。

『晴天の風』
ノリノリ。
ただノリノリ。
それに尽きる。
打楽器ソロは新しいかも。

『セリオーソ』
もろ現代曲。
前衛というのか、ミュート金管をぶつけたりとかね。
休符の緊張を久々に感じた。
個人的に好き。

『天馬の道』
格好良いけど、ちと浅い気がする。
曲調は『風之舞』とか『架空』っぽい和風。
他の曲がアレなので、『ブライアン』とコレが人気じゃないかな?

『火の断章』
これも現代曲らしい曲。
若き日のストラヴィンスキーとかが書きそうな感じじゃない?
あるいはRPGの最終ダンジョンのBGMとか。


今年はFg的見せ場が無い、と云いましたが
全体的に金管は大変そうです。
しかしファゴットは本当に楽だと思う。
楽譜見ないと断言できないけどね。

細かな連符とか、旋律・対旋律はあるだろうけど
『憧れ』のG、あるいはJとか、
Fg本領発揮!って箇所がないねぇ。
旋律とかも、バスーンはHrとかEuに付いていけばいいだけだし、
必ず1対複数で勝ち目が無いから目立たない。
ま、Bsnが加わることで音が変わったりする効果はありますが
Fg丸裸、って今年は無いね〜。

ああ、思い出すなー。
『架空』のJを。
「Tuの音色だけじゃ…」って事でopのFgを投入。
『宇宙』も演奏したのに、この曲のこの場所しか記憶に無いという。

三代目はあんな苦労をしないでしょう。
いいような悪いような。

ま、楽器初めてたった1年で、
高度な要求するのも、私は気が引けるんだけどね。
乗り越えれば大きくなるけど、
乗り超えられなかったら奏者として死ぬかもしれない賭けでしょう。
2年生は準備期間、真価は3年生。
これが持論。

ただ、リスクが無いと報酬も少ないと言うか、
事なかれ主義も問題なのかな〜?
果敢に挑戦してこそ一皮向ける、ってのは否定できない事実だよ。

私は『石橋を叩いて壊して、自分で橋を架け直して渡る』主義でして
不安性というか、とにかく安心しない人なんでね。
常に疑心暗鬼なわけですが
挑戦は大切だと絶対的に思うわけです。
私も『架空』の猛練習とか、先輩からの…で
度胸が据わった面があるので
なにが功を奏するか分からないのです。

とりあえず、
吹き納めが近いので
三代目に贈る遺言を考えないとねw
: Fagotto日記(高校編) : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fagotto-nasu.jugem.jp/trackback/891
<< NEW : TOP : OLD>>