語る詞す
かたるしす、って読んでください・・・。

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
二月が来たりて風邪を引く                 
JUGEMテーマ:日記・一般


風邪引いて、治って、風邪引いて、治って。
そして今朝も喉が不調。
前回までは喉の痛みは無かったので、
むしろ今回が本格的症状かな、と。

今日12球団がキャンプインだってさ。

ソフトバンクの景浦安武が引退するそうですよ。
61歳ですって。
化けモンだよ?
80歳の岩田鉄五郎には敵わないけど。

巨人の星から始まる一連の野球漫画って、
必ず非現実的な(あたかも作品中ではリアルに語られますが)魔球が出てきます。

魔球を廃したリアル野球漫画というカテゴリがあるとすれば、
水島新司は先駆だろうね。
ドリームボールとかスカイフォークとか、
魔球要素のある球種はあったけど
消えたり分裂したりしないからね。
あー、通天閣打法は例外っぽいけどね。

それでも、最近思うのは、
「ルールブックの盲点」は別としても、
水島作品って史実に基づいたことが多いというか
だいたいどこかプロ野球史上を探すと、元ネタになった事実があるんですよ。

ドカベンのスーパースター編も、初めは読んでたんだけど、
3巻くらいで飽きちゃったんです。
なんて言ったらいいのか、新鮮味が無いというか
ネタ切れ感があるんですよ。

水島作品のファンではありますが
本人も高齢だし、あぶさんも引退ということで
そろそろ限界なんでしょうか。

最近の野球漫画って言うと、メジャー?
私はあれが嫌いでね。
ダイヤのエース、読んだこと無い。
あと何かあったけど思い出せない。どのみち読んでない。
おお振りが人気らしいけど、あの精密機械の制球はなんだ。
ま、駆け引きなんて正確な制球が前提ですが、
高校野球だっけ?
キャッチャーのミットに百発百中って、即戦力でもいいと思う。
なんか、んー、おお振りも好きじゃないんですよー。

あだち充作品は、あれ野球漫画ではありませんのでご注意。
青春恋愛漫画野球風味とでも言おうか、少なくとも純系野球漫画ではない。

『事実は小説より奇なり』って言うし、
2008年のシーズン開幕まで待つしかないかな。

漫画を買うような歳でも無いし、
だいたい受験生だしね。
しかし何か面白いものは無いだろうか。

気がつけば2月ですよ。
寒いと風邪引くし、
ストーブつけると乾燥するし。
これは由々しき問題です。
むぅ、風邪のせいで病院にも行けないではないか。

どうでもいいけど、
ここのところ、今日は何があった、何をした…。
って日記というか活動報告文みたいになってるのよ。
かといってもとっても平凡な日々だしね。
受験に向けて大人しく毎日を過ごすしかないから、
何も大っぴらなことが出来ないし。
もう少し外向的にいこうかネ。

他にもいろいろとあったが、全体的に良い日だった。
: 野球 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








思い込んだら≠重いコンダラ

*コンダラ…巨人の星のオープニングで主人公が夕日をバックにトレーニングで走りながら引っ張ってるやつ。

(もちろん嘘です)
posted by RAG : 2008/02/01 10:19 PM :
ああ、なんというベタなネタだろうw
posted by 芭村 : 2008/02/02 9:51 AM :
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fagotto-nasu.jugem.jp/trackback/831
<< NEW : TOP : OLD>>