語る詞す
かたるしす、って読んでください・・・。

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
今年(と言ってもまだあと20日くらいあるけど)読んだ本                 
JUGEMテーマ:日記・一般


死海のほとり
右翼と左翼
一度も植民地になったことのない日本
論より詭弁
博士の愛した数式
菊次郎とさき
猫語の教科書
びんぼう自慢

これが、今年読んだ本。

森鴎外は、挑戦しようと思ったけど、
現代文じゃなくて、擬古文の作品が多いでしょ。
擬古文は疲れるからね。止めちゃった。

新書って、面白いね。
題名から既に興味を引かれるものが多々ある。
新書コーナーで、面白そうな本を片っ端から買ってくと、
10万円持ってっても足りないと思う。

「死海のほとり」は、実はさっき読み終えたばかりなんだけど、
なんか、色々、余韻が渦巻いてるのでコメントは差し控えさせていただきます。

もし、国文学とかを大学で勉強することがあったら
遠藤周作を研究してみたいと思った。
現文の教科書の「コルベ神父」って短編もそうだし、
去年、読書感想文を書こうとして読んだ「海と毒薬」
あるいは現文の問題集に、問題文として出てたり、
そういうのを読んでるうちに、遠藤周作を好きになったね。

もし可能なら、この冬は、
なんだかベストセラーのケータイ小説の分野と、
あと図書室の「わが闘争」を読んでみたい。

どうでもいいけど、確かウチの学校の図書室って、
「チャタレー婦人の恋人」が置いてあるんだよね…。
: 読書とか : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fagotto-nasu.jugem.jp/trackback/708
<< NEW : TOP : OLD>>