語る詞す
かたるしす、って読んでください・・・。

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
言い古された言葉ですが、読書の秋です。                 
妹の友達発、妹経由、母親行
と、いうわけで
ここの存在が親に発覚しました〜。
いや〜、はっはっは。

「ブログ、1日に3つも更新して云々」と言っていた。
最近はやってなかったね、1日に3つ。
昨日が久々か。
昔は、日曜日の度にやってたり、とか
最高記録5つ、とかあったんですが。

別にねぇ
最近、問題化してる『学校の裏サイト』的なものでなし、
怪しい卑しいことをするでもないので、
問題ないでしょ〜。
ノートに日記を書くか、
PCにするかの違いだもんね。

長嶋さんの奥さんが亡くなったそうで、
これで力を落として後を追う形になる…
てなことにならないように祈るばかりです。

でも、未だに長嶋さんに頼りっぱなしの日本球界も
なんとかならにゃいかんです。


で、ですよ。
本買ってきて、それについて何か書こうとしていたのに
とんだハプニングで一面トップは号外的扱いですが、
『菊次郎とさき』
『博士の愛した数式』
を買ってきました。

新潮文庫の
「2冊買って、ブックカバープレゼント」
ってのに引っかかって。
ま、前から読みたかったし。
ちょうどいいかな、と。


『菊次郎とさき』
は今、ドラマで2作品目がやってます。
『のだめ』は4話くらいまでしか見てないので、
『相棒』以来、真面目に見てるドラマ、ってことになります。
ドラマ見ないんだよね。

このペースで行けば、あと30分かそこらで読み終わりそうな感じ。
「ちょっと」のつもりで読み出したら、
あれよあれよで前半戦終了。


『博士の数式』は以前、話題になりました。
でも読みませんでした。
で、買って読もうと思ったら、
もう妹が持っていたというサプライズ。
「そうれならそうと言えよ」
「買うって言ってくれないと分からない」
こんな感じです。

なんか、江夏の野球カードが出るらしいですね〜。
それだけで楽しみなんですがw

ああいうカードって、
それにのめりこんでない、無欲な人が異常なまでの強さを発揮するよね。

遊戯王が流行り出した頃(10年くらい前か?)
友達に連れられて、とりあえず1パック(300円くらいだっけ?)
買ったらレアカードだった…。
プロ野球チップスで、誕生日が同じこともあってファンだった(今もだけど)
川上憲伸が欲しかった。でも、そう簡単に当たらないよね。
でも、かの妹は一発で、近鉄が「いてまえ打線」と呼ばれ優勝までした頃に
レア仕様の中村紀洋を出したからね〜。
無欲の境地とでも言えましょうか。


話を元に戻します。
どっちも楽しみです、ハイ。

『我が闘争』を夏に読む暇なかったんで、
隙を見つけて読めたらいいな。
『猫語の教科書』は読み終わってます。

『真景累ヶ淵』が単行本で売ってたんだけど、
有名な前半だけじゃなくて丸々なんだよね。
作・三遊亭円朝ってなってたし。900円くらいでした。
漫画も出てたね。

志ん生の速記本とか、口述筆記とかなら
あたりはずれが無くていいと思うね。


漫画も日本のいい文化だけど、
あれは全て絵がついてるからね〜。
台詞オンリーで地の文が少ないってのはいいんだけど。
想像力が阻害される、というか
何も考えずに読める(これはこれで長所たりえますが)。
だから漫画に関しては1冊平均20分くらいです。
…もっと早い人もいるしね。

本は、ほとんど地の文だけど、
そこから空気を感じ取って頭の中で想像できる。
より絶妙な世界だよね〜。
ま、読み返すのに時間がかかったり、
とっつきにくいってのが短所かな。

読書は趣味になりえるけど
漫画はしばしば時間潰し、みたいな感じ。

そういえば昨日、
名作のあらすじを、芸能人とかがプレゼンの形で紹介してくれる
って番組がやってて、見た。
あれはいい試みだと思う。
古今東西、いろいろな作品があったし。
: 読書とか : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fagotto-nasu.jugem.jp/trackback/601
<< NEW : TOP : OLD>>