語る詞す
かたるしす、って読んでください・・・。

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
夏休みの目標:早寝早起きをしよう!                 
高校出るまでに『わが闘争』を読みたいね〜。

あのヒトラーの著作で、ナチス研究の最重要文献です。
近代史は好きだし、
こんなこと言うと一部の人々には、すこぶる評判が悪いかもしれませんが、
ヒトラーを尊敬していないわけでもないんですね。

思想とか、やったことは凶悪だったけど、
演説の手腕は凄かったんだってさ。
中学のときに生徒会選挙の演説の参考にしたよ。

ヨーロッパでは、大昔からユダヤ人迫害の事件はあったし、
彼の地の人々はどこかにユダヤ人差別意識みたいなのを持ってるんでしょうね。

ヒトラーはホロコーストやったけど、それを批判し、憎悪する欧州人にも
多かれ少なかれ迫害感情みたいなのがあったんですよ。
それを全部ナチのせいにして、自分たちは涼しい顔でいる。
ナチ批判で自分たちの(先祖の)罪が消えるとでもいうのですか。

…と、まぁ。
僕や、あるいは俺とか拙者とか小生といった人々は、
詳しい時代背景とか、事情とか、状況が良く分かっていない癖に語るんですよね〜。


そしてヘッセの『車輪の下』。
読みたいけど、カタカナの登場人物には拒否反応が出る俺です。

もと小説は、そんなに好みませんが、
遠藤周作なら読みますし、最近は森鴎外。かつては夏目漱石あたりを読みました。
落語の速記本なら、常時受け付けますし、
岩波とか角倉の新書なんかは面白いのが沢山あるね。

まずはいま読んでるやつを片付けて、『猫語の教科書』を読みきる。
現代文の問題を解き続けるのもいいけど、問題の例文は何かの抜粋だったりするし
模試の評論で感動することもあるから、量はこなしても損は無いと思う。

それに小論文、というか現代社会と現代文の中間かもしれないけど
新聞の社説とかコラムを要約したりするのもいいかも。
中学のころ、すこしやった記憶があるけど、漢字も勉強できるし、
社説は最新の情報で書かれることが多い。
経験から言って間違いなく、時事問題とか小論・面接には強くなるね。


自分の文章を読み返して、推敲(ブログでは滅多にしないけど)すると、
ですます調と、である調が混じってることが多いんだよね。
こういうときに自分が多重人格なんじゃないかとか、考える。
丁寧な文を書く自分と、新聞とか演説みたいな文を書く自分ね。
…考えすぎか。
: 読書とか : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fagotto-nasu.jugem.jp/trackback/526
<< NEW : TOP : OLD>>