語る詞す
かたるしす、って読んでください・・・。

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
演目が決まらないので、あえて…                 
JUGEMテーマ:日記・一般

仁鶴さんは
「四角い仁鶴がまーるく納めまっせー」 
でお馴染みの生活笑百科の人、っていうイメージ。

鶴瓶さんは、家族に乾杯とか、きらきらアフロ。

三枝さんは新婚さんで、

文珍さんはクイズ日本人の質問(古!)のイメージ。

ざこばさんは、たかじんのそこまで言って委員会。


上方の噺家さんは、
なんだかバラエティのイメージが強い。

で、数少ない落語番組のNHK日本の話芸だと、
江戸落語と講談、時々上方って感じで放送してるから、
いよいよ上方落語を聴く機会は少なくなって、
上方の噺家=バラエティというイメージが…。

江戸落語の噺家は、笑点くらいしかバラエティないしね。


そんな中で、昔聴いた米朝さんは神懸ってて、
YouTubeの枝雀さんは抱腹絶倒。


TV露出は上方のほうが多いのに、落語放送が少ない!


で、今、仁鶴さんのCD聴いてて、面白いナー、と。



上方落語の訛と、いわゆる関西弁って、絶対違うよね。
昔の関西の人は落語みたいに喋ってたのかな?


…夏の他校との合同落語会で、上方落語をやってみようかな、と。
: 落語研究日記 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fagotto-nasu.jugem.jp/trackback/1328
<< NEW : TOP : OLD>>