語る詞す
かたるしす、って読んでください・・・。

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
お笑いブームって、終わった?                 
JUGEMテーマ:日記・一般


エンタの神様、昨日、見ちゃいましたー。
笑いが少ない上にネタが短い。

数年前から、ネタの短さが気になってたけど、
久しぶりに見て、それに拍車がかかってると思った。

出てきて一瞬で終わる感じをうけました。
CMが終わって、ネタが始まって、終わって。
『あれ?CM一コマのほうが長いんじゃない?』
って。
その代わり、出演者が多い。

マシンガンを空に向かって掃射してるイメージです。
どれだけ沢山空に撃っても、当たりませんよ。って。

ネタの面白さではなく、
演者のタレント性で保ってる感じ。
下ネタ多いし。

私は下が嫌いです。
雑談ならともかく、演芸のネタとしては最悪だと思ってます。
艶笑は別だけど。

もう、お笑いの番組って全滅だね。
レッドカーペットとかは短いことが逆に売りだけど、
残念なことにそのうちバラエティ化して、終わっていくんですよ。
お笑いブームは終わったと思っていいとおもう。


ラーメンズを見て、
漫才の台本を書きたくなった。
: お笑い : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
夏に向けて、                 
『死神』でも練習しようかしらん。
: お笑い : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
お笑い三箇日!                 
JUGEMテーマ:ニュース


桜塚やっくんの年末年始の仕事が少ないのは、
喉ポリープの手術のせいだそうです。

にしてもまぁ、下り坂なのは間違いない。

爆笑問題とかくりぃむしちゅーとか、
司会しかやってない芸人の漫才が見れる唯一のチャンスが正月です。
タカアンドトシもバラエティしか出て無いから、正月くらい漫才やれよと思うし、
まぁ何にしろ、三が日はお笑い番組が目白押しなわけです。

M-1優勝のサンドウィッチマンって、エンタに出たことあるんだね。
っていうか、その時、俺、見てた、っていうのを思い出した。

ネゴシックスやら、他のエンタ芸人のコントは、
大道具がないと成立しないと思うんだよね。
道具に助けられてるというか。

サンドウィッチマンの宅配ピザのネタって、エンタでもやってるんだけど、
無理やり部屋のセットで衣装とか着てやってたけど、
結局、2人居れば道具なしでも十分に出来るネタなのですよ。

そこが、「漫才のコント」と「コントのコント」の違いだろうね。

ドリフはコントのコントだから、大道具が必要。
つまり正真正銘のコント。
でも道具も芝居も凝ってて面白い。

対して、漫才師が漫才の中でやる簡単なコントがあるでしょう。
あれがサンドウィッチマンと同じだと思う。
だから厳密に言えば、あれは漫才なんだろうね。
: お笑い : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
M-1審査に未だ不満くすぶる 「選考はデキレースだ」                 
JUGEMテーマ:ニュース


正直言って、全く見当も付かない。

ただ、優勝候補と目されてた笑い飯は大したことなかったし、
準決勝の9組の中でも、
キングコング、トータルテンボス、サンドウィッチマンが通るだろう
ということは簡単に予測できた。
笑いについては好き嫌いあるだろうし、
個人の主観の問題だから如何とも言えないけど、
準決勝の敗者枠を除いた8組は番組的に、実力以外で、例えば
結成10年目の最後の挑戦だとか、我流がどうとか、
そういう人たちばかりだったかなー、とは今思う。

つまり実力以外の、話題性みたいなので選出されてるんちゃうん?
っていう風に思えた。
その方が番組が作りやすいでしょ、きっと。

私は予選は見てないんですが、
たまたまサンドウィッチマンと髭男爵だけ見た。
その他の、準決勝に上がってきた人たちの予選でのネタは見てない。

でも、話によれば、
M-1の事務局がある吉本興業の芸人が優遇されているそうなんですよ。
そりゃお笑いの学校まで作ってるだけに、
優秀な人材を沢山輩出してる、とも考えられるけど、
人気の芸人は待遇や、さらには控え室まで特別扱いなんだってさ。
これはコンクールじゃないよね。
どんな常連だって初出場だって、コンクールである以上、平等でないと。

それから、Yahoo!ニュースからの引用ですが、
『審査員だった放送作家のかわら長介さんは、ブログ「たくらだ堂」の12月23日当日付の日記で、サンドウィッチマンの芸を「淡々と、ただ淡々とボケとツッコミが続く。笑いも取っている、間も良い、面白い。だが、それは自分たちが気持ちいいことをやっているだけのように見える。それって、結構観客不在というか、ファン無視ってことでは?」などと評した。さらに、「このままでは、僕に彼らの栄光は見えてこない」とまで言い切った。』
ってあったのですよ。
なんか、これ、つまりさ、「自分たちはお客『様』だ」って
アピールしたいだけに見えるのですよ。
「俺たちは客なんだから、もっと俺たちに愛想を振りまけ」と。

観客に媚を売る芸人いるけど、そういう人で売れてる人いるか?
『上手な芸』というのは、上手、って言い方もおかしいな。
『面白い芸』ってのは、自分たちの話の中に観客を引き込んで、かつ飽きさせない。
あくまで客が芸人の方に吸い寄せられる、ってイメージかな。
客ってのは、わざわざ木戸銭(とは言わないか、今は)払ってるだけに、
お笑いを見に来てる人たちでしょ。

ただ、このかわら長介さんの意見を見てると、
お笑いを見たくないけど見せられに来た、みたいなね。
嫌々、というか踏ん反り返った客、という感じなんですよ、私が聞いてると。
そういう客じゃあ引き込みにくい。
ベクトルが出口に向かってる人たちは難しい。
お金払って、好きで見に来てる人はベクトルが舞台方向なんだよ。
だから、面白い芸に対しては素直に引き込まれていく。

笑いを取る、ってことは事実気持ちがいい。舞台ならば。
それを淡々とやらずに何が面白いのか。
面白くなくても話題があったり、客に媚び諂うほうがいいのか。
それはつまり芸人が客席に行くんだよね。
客が受身で、芸人が客席に来る感じ。
芸人が受身で、舞台に吸い寄せる、つまり客席が向かってくるのが、
お笑いの劇場とか、寄席なんじゃないかな。

たしかに、審査員ってのは一日中拘束されて、
中には酷いものを見せられたりしてウンザリしている人も居るでしょう。
ただお笑いに関しては、そういう審査員では害になると思う。
それなら無名だけどお笑い好き、変な話、お笑い好きな一般人を呼べばいい。
その方が、なんぼかマシです。

ダイマルラケットを思い出したけど、
あの人たちだって、舞台に出てきたら自分たちの世界をひたすらに作っていく。
ただそれが面白いから、引き込まれていくんですよ。
「ふむふむ、それで?」って興味を持たないと、人の話なんか右から左でしょうに。
だから上手い人たちってのは、何もせずとも喋るだけで、
オーラ、というか雰囲気というか、そういうもので人を惹きつけるんだろうね。

興味を持てば、大概の話は面白い。
興味を持ってもつまらない話は、本当につまらない。
その上で、
|里蕕覆ご屬剖縮を持ってしまう、持たされてしまう話芸、
⊆罎つける力は弱いけど、注意して興味を持てば面白い話、
6縮を持っても、やっぱりつまらない話、
っていう三段階があるんじゃないのかな。
はいずれ消えていく人たち、
△呂修海修廓笋譴襪、一発屋程度。
,売れる、面白い芸人、ってことなんじゃないか。
そういう風に考えた。

アルプスの少女ハイジは言った。
「どんなときでも『良かった』を探さないと」的なことを。
他の分野はイザ知らず、お笑いを否定的に見ていたら、なにも面白くないはず。
客の興味・好奇心と芸人の力量が合わさって、面白いか否かが初めて分かる。
そういうことなんかな。


で、今回は、目当ての芸人の出番が終わると、さっさと帰る人々が居て、
後から舞台に上がった芸人がガッカリした、ってこともあったみたいだけど、
結局、帰る人ってのは、何か用事があって止むを得ず、って以外は
お笑いが好きなんじゃなくて、芸人の固定ファンである、芸人好きであると思う。

事実、吉本とか、お笑い番組とかでも、
そういう芸人を、アイドルみたいな感覚で売り出していこう、ってやってるから
その結果、言い換えると副作用だと思うな。

志ん生が、弟子の志ん駒に「全部自分の空間だと思え」って言ったらしいけど、
舞台、高座に上がった以上は、一生懸命にやって、
客席が歯抜けだろうが、出口に向かう観客の背中を見ようが、
「全て自分を見に来た客だ」ってプラスに考えないといい芸はできないらしい。
だってそうでしょ。
人気があれば、何もせずともキャーキャー言われるけど、
人気が無いと実力行使しかない。
芸人は笑いを取ってナンボですから。
ただ、まぁ、売れてないと見向きもされない、ってのはあるかもね。
日本人のブランド志向というか。

だから、そんなことは考え方一つでどうにでも変わる、ってことだと思う。
いちいち客が帰るのを見て落ち込んでる様では、芸人としては失格かな。

M-1って、野にある花を見つけられる番組だけど、
すでに番組がビニールハウスから花を見繕ってきてて、野の花は見向きもされない。
もしこんな風なら、番組の価値は無いと思う。
テレビには、今まで出てなかったけど、M-1でブレイクして…
って、B&Bみたいだよね。
第1次漫才ブームのときの「お笑い新幹線」だっけか?
で若手で大抜擢されて、それがきっかけでシンデレラボーイになった。

だから、もしM-1がデキレースなら、
才能発掘とかの番組ではなくて、
ただのテレビに出てる芸人の再アピールの場にしかならない。
面白いか否か、は観客が決める。
これが一番公明正大。
: お笑い : comments(2) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
来年の話をすれば鬼が笑う、とはいえ、もう来年まで一週間切ったのだから、別にいいんじゃない?っていうか鬼に笑われても口惜しく無いもんっ!                 
JUGEMテーマ:日記・一般


初めて自分の手で買ったCD。
『交響組曲「ドラゴンクエスト此弩犬梁臙蓮
『もののけ姫●サウンドトラック』

それより以前、
初めて買ってもらったCD。
『落語名人全集三六 雷門助六 長短/替り目』

でね、
志ん生か、小三治のCDが欲しいなー、と思ってるんです。

ていうか、最初に買ってもらったCDが落語、ってのは変か?

もののけ姫は、一時期はまったんですよ〜。
既出かもしれないけど、
エンディングの「アシタカせっ記」を聴いて、中一の頃、涙したね〜。
ドラクエ6も、同じ頃やっててね。
お年玉はたいて買ったハズ。

今年のお年玉は、封筒に入れて隠します。
なぜって、そうしないと使ってしまうから。
しばらくお金は使いません。

冬休みに自暴自棄になった自分が、
半狂乱のまま金握り締めて莫迦な買い物をしないとも限らないので。
そう。
今はお金を貯める。
大学行っても、バイトで貯める。
目標は100万。
なぜって?
My Bassoonを買う作戦なんです。
ははは!
うふふ!
を〜っほっほ!

…冬場はテンションがおかしいのか?
もう自暴自棄になりかけてる!?
嗚呼、自分が怖い。

まぁね、基本的に自分は嫌いだね。
: お笑い : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
笑いまくる日々…〜これはこれで不健康なのかな〜                 
JUGEMテーマ:日記・一般


昨日の夜から、ようつべや何かで、サンドウィッチマンに浸ってます。

それと、髭男爵って、いいね。
今更だけど。

貴族なんだけど、ネタに入ると普通のオッサンになるし、
ひぐちくんがいい味出してるし。
「今のは認めよう。確かに酷かった」って、
自分たちのネタが受けなくても素直だし、
「逆に聞くが、何が面白い!?」
とか言うし。

爆笑じゃないけど、何が面白いんだろ。
決定打が無いけど面白い、というか緩い雰囲気が好き。
なのかな。

U字工事の、あの坊主の方もいいキャラだよ。
オッサン臭い感じの、素朴で無骨な感じがたまらないね。
: お笑い : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
M-1王者はサンドウィッチマン                 
JUGEMテーマ:ニュース


決勝で、サンドウィッチマンに決まったけど、
キングコングも面白かったね。
あれだけ出来るなら『はねトビ』もそこそこに漫才で出ればいいと思う。

トータルテンボスは、準決勝では面白かったけど、
決勝では精彩を欠いた。
ネタの構成は3組ともそのまま同じだったけど、
2回目に見ても面白い、っていう点では負けてたと思う。

サンドウィッチマンは、たしか初めて見たのは笑点だったと思う。
今回、決勝まで見て、久しぶりに笑ってお腹痛くなった。

笑い飯だけ見逃したんだけど、
ま、結果を見れば、どんな感じだったかは想像できるかな。

でも、出演順一番って、ホントに大変。
実力があっても、一発目ってのは、なんでだろ、うまくいかないことがあるんだね。
逆に最後の方は恵まれてるんだよね。
これもどういうわけか分からないけど、後ろの方がやりやすいのは確か。

しかもM-1って、敗者復活枠が最後でしょ。
敗者復活の勢いと、出演順の恩恵。
サンドウィッチマンは、ネタだけじゃなくて、出演順も良かった。

正直、私は決勝で3組見て、サンドウィッチマンが行くと思った。
この人たち好きですわ〜。
ホントにおめでとう。

結果発表の前のCMが多すぎ。
CM入って、結果発表かと思って緊張してたら、またCMいったでしょ。
私の緊張を返せと言いたい。
声を大にして叫びたい。

久しぶりに面白い漫才を見て、今日は良かった。
感激した。感動した。
そして、笑ったせいで、未だに横隔膜が痙攣したままだ。

来年は仕事も増えて、サンドウィッチマンが売れるね。
いや〜、今から来年が楽しみですわ。
: お笑い : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
一番寂しい年末年始を送る芸人桜塚やっくん                 
JUGEMテーマ:ニュース


こんなのがニュースになるんだから、日本は暇だよ。

ここ数年の「エンタの神様」の衰退は激しい。
出演者の回転もすごい。
つまり、次から次に新しいのを出すけど、
全部売れずに、小さくまとまって消えてゆく。

そんな中で、桜塚やっくんは、最後の売れっ子だったのかな。
でも、この年末年始、出演番組はエンタの1本だけなんだって。

マンネリだよ。
面白くないもの。下に走るし。
昔は、そりゃ面白いと思ったけど、私は下に走る芸人は嫌いですから。

よく今年の年末まで生きてたね、というのが
私の正直な感想。
ダンディー坂野から、波田、HGと続く、一発屋の系譜。
歌手の一発屋はいいけど、芸人の一発屋は先が見えてるからね。

M-1も、結構昔から居た人が多いでしょ。
笑い飯とか、チュートリアル、麒麟、ハリガネロック、
NHKのオンバトの出身者って強いね。
観客の反応でオンエアを決める、ってのが要因か。
番組がわけの分からん芸人を出してくるより、観客の判断の方が正しい。

あー、新春寄席中継が愉しみやわ〜。
: お笑い : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
初めて枝雀を聴いた午後                 
JUGEMテーマ:日記・一般


お恥ずかしながら(?)、
この歳になって初めて桂枝雀を観ました。

テンポが違う。
それにグッと引き付けたら話さないだけの技術。
さすが「天才」と謳われるだけある。

『道具屋』を聴いたけど、
仕草も面白いんだよ。
上方落語なのに演台使わないし、
少し聴いただけで、凄いと思った。

なんでTVで映さないのかな。
放映料がネックか?遺族がストップかけてるのか?
なんでやろ。


志ん朝も初めて聴いた。
親子だけあってか、噺に、どことなく志ん生の雰囲気がある。
でも、より爽やか、というか粋なんだよ。
シャキシャキっとした江戸弁がたまらないね。

雑誌に「寿限無」の実演講座が載ってたから
練習してみようかな。
: お笑い : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
やっちまったわ〜。                 
JUGEMテーマ:日記・一般


Yahoo!動画で、クールポコを観て、はまったかもしれない。
「なぁ〜にぃ〜?やっちまったな!」って餅を搗くコンビです。

笑うとがんの免疫が上がるって言うし、
最近は笑いによる虐待防止の実験もしてるらしいね。

笑うことはいいことだ。

Yahoo!動画は、インターネット落語会の過去のやつが観れるから、
時々暇なときに行くんですが、
漫才も多いし、とっても良いです。

エンタは、、、
もう観なくなって久しいね〜。
コントなんて、大道具に凝ったらつまらないよ。
観客が想像力を働かせるからより面白くなる。
それを邪魔するんだよ、凝った道具は。

逆に、つまらないわけが無いよね。
道具=練りに練られたネタだから。
それでも笑えないときがあるから嫌なんだよね。
: お笑い : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 芭村 :
: 1/4 : >>